WiMAX ブリッジモード

ハブのような使い方がブリッジモード

WiMAXにおけるブリッジモードとはいったいどういう機能なのでしょうか?ブリッジモードとは、ルーターにおける1つの機能で、ブリッジモードにすることによってルーターとしての機能をオフにして、ブリッジや無線LANのアクセスポイントとして動く機能になります。ブリッジとは、ネットワークにおいてデータを中継する器機のことを指しています。一般的なルーターには、有線で繋がれた器機間の通信を中継すると言うブリッジ機能と、異なるネットワーク間の通信を中継することになるルーター機能の両方が搭載されています。

 

異なるネットワーク間と言うのは、家庭内のLANとインターネット回線への接続などを指します。通常であればルーターはルーターモードと言う形で動いており、ルーター機能とともにブリッジ機能も利用できるようになっています。しかし、ブリッジモードに切り替えた場合には、ルータの機能を無効化して、単にブリッジ機能を果たすだけになってしまいますので、インターネットに接続することが出来なくなってしまいます。ブリッジモードだけを利用するのであれば、新にルーターを購入することで、もう1つのルーターを無線LANのアクセスポイントとして利用したい場合に使うことが多いです。

 

WiMAXの端末にも、ルーターモード、アクセスポイントモードに切り替えをすることができる端末があります。ただ端末本体にあるのではなく、端末を充電することになるクレードルの方に切り替えスイッチがついていますので、ブリッジモードを使いたい方はクレードルに有線のLANケーブルを挿して、クレードル背面にある切り替えスイッチで切り替えをして下さい。WiMAX端末も使い方によって、WiMAXの端末だけではなく様々な使い方が出来るようになっていますので、ブリッジモードの使い方を知るだけでも使い方の幅がグンと広がると言えます。

 

WiMAXを利用するのであれば、先ずはTry WiMAXと言う無料のレンタルサービスを利用して、自分の家や良く使うであろう外出先などできちんとインターネット接続が出来るかどうかを先に確認しておくと便利です。