WiMAX 返金

自宅で使えないからと解約すれば解約金が発生します

WiMAXが自宅で使えなかったと言うようなケースでは、返金などに対応しているのでしょうか?端的に言ってしまいますと、自宅で使えなかったとしても返金には対応していないと言っても良いでしょう。WiMAXに関しては、仮にエリア内での使用であったとしても電波の状態によっては、インターネットに接続できないと言うことがあります。自宅でそうしたことが起こってしまったとしても、返金には基本的に対応していないのです。

 

各プロバイダなどWiMAXサービスの提供を契約した会社の利用規約によっても異なってきますので、事前に確認しておくと良いでしょう。ただし、基本的に接続端末が初期不良だったなどのような場合でも接続器機の交換などには応じてくれますが、返金までとはなかなかいかないようですね。

 

では、WiMAXを利用するのは運の部分があるのかと言いますと、そうではありません。WiMAXの大元の提供先であるUQ WiMAXではTry WiMAXと言うサービスを行っています。Try WiMAXとは15日間無料でWiMAXの端末を借りて試用できるサービスであり、一切お金がかかることはありません。登録料や通信料、レンタル料、配送料などの費用も一切かかることなく使うことが出来ますので、先ずはTry WiMAXを利用してみると良いでしょう。ただし、気をつけておきたいこととして、WiMAXの接続器機が到着してから15日間ではなく、端末の発送日から端末の返却到着日までの期間が15日間ですので、この点は留意しておいて下さい。

 

WiMAX接続端末にしてもルータータイプ、モバイルタイプの両方がありますので、自分の利用したい端末をレンタルすることが出来ます。

 

基本的にお試しで利用できるのみのサービスとなり、返却後はUQ WiMAXで契約しなくても大丈夫ですので、他のプロバイダなどのWiMAXサービスを提供している会社と契約しても問題ありません。自分の利用したい場所でWiMAXがしっかりと繋がるかどうかを確認する為にも先ずはこのお試しサービスを利用しておきたいですね。