WiMAX 受信感度

都市部では余裕、地方でもエリア内なら問題なし

WiMAXの受信感度はどのくらいのものになるのでしょうか?WiMAXを利用する時の場所と言うのは様々だと言えます。屋内で利用する方もいらっしゃいますし、屋外で利用される方も多いでしょう。電車内やお気に入りのカフェ、故郷に帰る時に利用したいなどのように様々な利用場所があると言えます。こうした利用場所によってWiMAXはしっかりと繋がるのでしょうか?

 

サービスを提供開始し始めた頃のWiMAXであれば、繋がる場所も少なかったと言えるのですが、現在ではかなり改善されてきているようです。実際に室内で利用している方が以前と比較すると通信速度、受信感度ともに体感で出来るほど改善されているとの口コミが多いです。基本的に電車などの特殊な場所で使いたいと言うような時には、WiMAXの提供エリア内であるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

 

例えば都内ですと地下鉄ではかなりのエリアがカバーされていると言えますし、大阪、名古屋などの大都市圏もかなりの割合でカバーされています。また、新幹線にしても東海道新幹線ですとWiMAX対応の公衆無線LANが利用できる新幹線もあります。WiMAXは現在でも積極的に基地局を増設していることもあって、提供エリアも広がっていますし、これまでも繋がっていた場所でも先ほど書いたように受信感度が上がったり、通信速度が速くなったりとしていますので、非常に使いやすいものだと考えて良いでしょう。

 

 

首都圏や大都市圏に住んでいる方のみならず、地方の田舎に在住している方であっても提供エリアないであるとかなりの速度で通信することが出来るでしょう。現在、WiMAXでは地下鉄内での使用可能エリアを増やすことに力を入れていると言っても良く、どんどんと設置工事を進めていると言えます。

 

WiMAXのメリットとしてはLTEのような高速通信でありながら通信制限がないと言うことです。このことから自宅のインターネット固定回線の代わりにWiMAXを選ぶ人も増えてきているようですね。先述したようにWiMAX回線の受信感度、通信速度が上がって安定していきていることから自宅でも利用するメリットがあると言えます。