WiMAX 欠点 悪い点

唯一の欠点はエリア外になっちゃうところ

近年、LTEと比較されることも多いWiMAXですが、家電量販店やテレビなども見かけることがあるので、気になっている人も多いかもしれませんね。WiMAXとは簡単に言ってしまうと、高速無線通信回線のことです。固定回線を使わずに、エリア内であれば屋内でも屋外でもインターネットに接続することが出来ると言うサービスのことです。回線速度もそこそこ速いこと、工事など不要でWiMAX接続端末さえあればすぐにインターネットに接続できることなど多くのメリットがあると言えます。しかし、WiMAXもメリットばかりではなくデメリット、欠点などのありますので解説してみましょう。

 

 

最も大きなデメリットとしては、エリア外では利用することが出来ないと言うことです。携帯電話の電波と同じように考えると良いのですが、携帯電話で言うところの圏外表示になる場所があり、そうした場所ではインターネット接続が切れてしまいます。また、エリア内であっても利用している環境によっては、速度が低下してしまったり、回線に繋がらないと言うケースもあります。WiMAXで利用されている回線は2.5GHz以上の周波数の電波を使って無線通信を行っています。携帯電話の周波数帯が800MHz帯からとなっていますので、かなりの高周波であると言えます。電波は高周波になるほど直進性が増しますので、ビルなどの障害物があると電波が届きにくくなってしまうのです。

 

反面、周波数が上げれば上がるほど通信速度が上げやすいという利点があります。WiMAXは広域にわたるサービスなのですが、高周波を利用していることで、ビルの谷間などの場所はエリア内であっても繋がりにくくなってしまいます。また、屋内でも窓際ではなく奥まった場所に行ってしまうと、電波の繋がりが悪くなるようなこともあるそうです。実際に屋内と屋外であっても極端に通信速度が変わってしまうケースもあるので、安定した通信をしたいと言うような人は固定回線を利用した方が良いですね。