WiMAX 初期費用

最初に用意しておくべきお金のこと

WiMAXを導入するにあたってかかるお金にはどんなものがあるのでしょうか?

 

WiMAXと言っても、現在では様々なプロバイダがWiMAXのサービスを提供していますので、プロバイダによってかかるお金は異なってくると言えます。基本的にWiMAX導入の初期費用としては、プロバイダに支払う月額料金、事務手数料、WiMAXの端末代金などがあります。これらにかかる費用ですが、キャンペーンで端末代金が0円となる場合もありますし、事務手数料も無料と言うようなプロバイダもありますので、よく比較しておくと良いですね。

 

こちらに掲載の情報はWiMAXに関するものです。WiMAX2+についてはまったくキャンペーンが異なりますので、あらためてリサーチされることをおすすめします。WiMAX2+に関するサイトを御覧ください。

 

キャッシュバックや月額料金で差をつける

現在の時点で初期費用や月額料金が安価であると言ったプロバイダを幾つか紹介しておきます。まずWiMAXのプロバイダとして業界でも最安値であると言っても良いのがGMOとくとくBBが提供しているWiMAXのプランです。しかし、実はさらに安価で利用できるプロバイダがあります。それがシェアリーです。初期費用としてかかる事務手数料や端末代金などはすべて無料で0円からスタートすることができ、さらに月額の利用料金は1800円からとなっていますので、かなり安価であると言えます。他のプロバイダは軒並み3000円を超える月額料金であるのに対して、シェアリーがここまで安価であるのには理由があり、1つはキャッシュバックキャンペーンなどを行っていないからです。現在、プロバイダ各社は加入者に対して、キャッシュバックキャンペーンを行うのが常になってきています。そうしたキャッシュバックキャンペーンなどを一切行わずに月額利用料金を値下げしていると言うのがシェアリーになります。初期費用もかかりませんし、端末が故障した時のサポートもついていますので、万が一の時にも安心です。

 

また、初期費用として広い意味では、パソコンやタブレットなどのような端末の代金も含まれるかもしれません。WiMAXを利用するのであれば、ノートパソコン、タブレットを利用する方が多いでしょう。これらの端末の代金としてはピンからキリまでありますが、最安値で言うと3万円程度から購入することが出来ます。